海洋散骨についてよくいただくご質問(法律・手続き・許可・ルールなど)

東京海洋散骨にお電話やメール、またお打ち合わせ中にお客様からよくいただくご質問をまとめました。

ご参考になさって下さい。

 

Q:海洋散骨とは?

東京海洋散骨ではご遺骨を2ミリ以下の粉状にし海に撒くことと理解しています。自然葬と言われるものの一つです。ご本人様の生前からの意向、お墓を継ぐ者がいないなどの理由でお墓じまいをして海洋散骨を行う方が多くなってきています。プランや費用につきましては各ページをご覧下さい。

 

Q:散骨は違法ではないのか?

違法ではございませんが条例により規制されている地域もございます。しかし、そのほとんどが海以外での散骨を禁止するものです。漁場、定置網のある海域、海水浴場・観光地の海・レジャーで賑わう海岸近く、他の船舶の往来を妨げる場所などで行わない限り問題ございません。確かに散骨に関する法律はまだ制定されておりませんが多くの散骨業者さんは自主的なルール、そしてマナーに基づき散骨を行っているはず、そうあって欲しいと東京海洋散骨では考えています。東京都福祉保健局の散骨に関する留意事項のページが参考になるかと思います。また、東京海洋散骨の散骨では海水に溶け易いようご遺骨を2ミリ以下のパウダー状に細かくしております。

 

Q:散骨にあたり役所への届出/許可は必要か?

現在のところ必要ございませんが、自治体によってはお墓からお骨を出されて散骨(一部でも)される場合は「改葬許可」や「改葬申請」が必要になるケースもございますのでお墓のある霊園や寺院さんにご相談なさってみてください。その場合は、散骨に関して否定的な意見を言われるケースもあるかもしれませんが葬送の自由がありますのでご自分の考え方をしっかりと述べられても良いかと思います。

 

Q:自分で粉骨してよいか?

全く問題ございません。ただ、かなり細かくパウダー状にする必要がありますので弊社にお任せいただいたほうが良いかと思います。また、東京海洋散骨では金属類や副葬品は自然環境を守るためにすべて取り除くという独自ルールを定めております。東京海洋散骨の散骨プランはすべて粉骨費用を含んでおり別途費用を頂きません。粉骨のみの場合は費用が発生いたしますのでご了承ください。

 

Q:分骨したほうがよいのか?

全部を散骨する、お骨の一部を手元に残したい、またはお墓に入れたい・・・考え方は様々ですのでお客様ご自身とご家族、ご遺族、親戚の方などとご相談してお決めください。東京海洋散骨では手元供養品の販売も行っております。

 

Q:ペットの散骨も一緒にしてもらえるのか?

愛犬、愛猫、その他のペットも家族同然です。故人様が愛し、そして故人様を愛していたペットの散骨もご相談ください。いつの日かペットの散骨を考えておられるという方は、ペットがお亡くなりになれた際に最寄のペット霊園さんなどで個別火葬を行い、ご遺骨をお近くにおいておくことをお勧めいたします。尚、東京海洋散骨では人間の散骨とは別日程でペットのみの委託散骨、チャーター散骨も可能です。

 

Q:散骨はいつ頃したらよいのか?

特に決まりはありません。四十九日が過ぎてからという決まりもありません。ご遺族様のご都合でお決めいただくのがベストかと思います。故人様のことを第一にお考えになりご家族様の心の準備ができてからでよいと思います。

 

Q:遺骨を持っていっても大丈夫か?

大丈夫です。東京都港区の会社でお預かりさせていただく事が可能です。事前にご連絡の上ご来社をお願いいたします。

 

Q:遺骨は送れるものなのか?

ゆうパックで送ることができますが大切なご遺骨なのでお勧めいたしません。東京海洋散骨では基本的にお申し込み者様とお会いしてお預りしております。東京、神奈川、埼玉などお引取無料地域は多数ございます。やむを得ずお送りいただく場合はこちらをご覧ください。

 

Q:支払い方法は?

基本的にご遺骨お預かり時に現金でお願いしております。お支払い頂いてからの散骨実施となりますのでご理解お願いいたします。

 

Q:身寄りがいないのだが散骨をしたい・・・

東京海洋散骨では生前からの散骨依頼が多いのも特徴です。身寄りがおられない方も遺言執行者、後見人を立てることによりスムーズに散骨依頼が可能です。詳細はご相談ください。もちろん、ご家族様がおられる場合でも、ご家族様がご了承頂けましたら生前散骨契約が可能です。事前に費用はお預かりいたしません。申込用紙もございますのでお声掛けください。

 

Q:墓じまい、離壇するので散骨を行いたい・・・

お墓から出されたお骨の散骨ももちろん可能です。少子高齢化、核家族化等の現代においてご相談いただくことが多いケースの一つです。寺院さん等とのお話し合いも必要になってきます。また、長年お墓にお眠りになっていたお骨壷の中のお骨は水分や埃、虫等でかなり汚れてしまっています。東京海洋散骨では粉骨前に洗浄、乾燥を行います。洗浄乾燥費用を別途いただくことはございません。

 

Q:すべて散骨した後の供養はどうすれば・・・

散骨は自由な葬送(自然葬)です。ご供養も自由だと考えます。海が見えたらいつも以上に故人様を想い、偲ぶことが何よりの供養だと思います。時には散骨した海域の近くに行ってみるのも良いかもしれません。また、法要クルーズとでも言いましょうか、散骨された海域に行かれて供養されたいというお客様もお声掛け頂けましたらチャーター船でのご案内も可能です。実際に、毎年行かれているお客様もおられます。もちろん、代理法要も承ります。

 

Q:必要な書類はありますか?

火葬・埋葬許可証のコピーをお願いします。もし、紛失されている場合でもお申込書にご署名いただく事により散骨は可能となります。いずれの場合でもお申込者様の身分証明書(運転免許証や健康保険証など)のコピーを頂いております。これは、誰のものかわからないお骨を散骨しないため、また、散骨という素晴らしい自然葬を悪用されないために東京海洋散骨が定めた独自のルールとなります。お手数かとは思いますがご理解お願いいたします。

 

Q:宗教、宗派?

これまでに様々な宗教、宗派の皆様が海への散骨を選択されております。反対の立場、賛成の立場(エホバの証人など)色々おありかと思いますがまずはご家族様とご相談されてみる事をお勧めいたします。

 

Q:トラブル?

東京海洋散骨ではこれまで散骨トラブルと言われるものはございません。

 

Q:どんな船ですか?

東京海洋散骨の散骨使用船は、国土交通省へ届出て不定期航路の許可を得た船です。法令を遵守しライフジャケットも着用していただき安全な航行を心がけております。室内もありソファ、大型テレビ、エアコン、洗浄トイレ等も備え付けておりますので快適にお過ごしいただけるかと思います。船酔いされる方もほとんどおられません。安全第一のため風が強い日は出航せず延期の判断をさせていただきます。

 

Q:散骨のルールはありますか?

東京海洋散骨の自主的なものとしましては

・ご遺骨は2ミリ以下のパウダー状にしそれとわからないようにします。
・火葬時の副葬品は海に入れない。
・航路や漁場、他の船舶に注意を払い散骨を行う。
・散骨地点の緯度経度の記録及び散骨証明書の発行を行う。
・出港場所近隣住民様への配慮として喪服の禁止。
・反社会的勢力からの散骨申し込みは受け付けない。
・ライフジャケット着用等安全な船で安全な航行を行う。

等々が最低限のルールとなります。
ご家族様に安全に散骨していただき故人様をお見送りいただくということが第一ですのでそのための新たなルール作りも適宜行っています。

 

Q:海洋散骨を行った友人知人が周りにおらず不安だ

散骨をされた方が増えてきてはいますが身近にはなかなかおられないものです。東京海洋散骨のブログ、また散骨をされた方のご感想をご参考になさってみて下さい。実際に私たちの海洋散骨がどのように行われるのか?そしてその評価や感想がおわかりいただけるかと思います。